セミナーのご案内

「みんなの京都館」プロジェクト イベント開催

日 程 2017年9月29日(金)
場 所 ORANGE BRAINERY
講 師 各務亮/草彅洋平/広瀬郁
金 額 \3,500

「みんなの京都館」プロジェクト東京キックオフイベントをオレンジ・ブレイナリーと共同開催いたします。

 2018年春以降の移設に向けて準備を進めている京都市のアンテナショップ「京都館」。
本プロジェクトでは単なる観光・物産の拠点としてだけではなく、京都市が抱える様々な行政課題を解決するための「場」としてのアンテナショップ作りにけ、京都の文化人・有識者と京都市にとって、京都館がどのような「場」であるかの議論を重ねてまいりました。

そんな議論を踏まえて、館長である小山薫堂さんから発案いただいた「学び舎」というコンセプト。
他の地域にはない京都の奥深い文化を学び、より密な京都との関係性を構築するための仕掛けについて、各地のアンテナショップが立ち並ぶ東京で活動する人々の目線から、どのような「学び」が京都と東京にとってふさわしいコンテンツかを議論いただく場を設けます。

今回は東京、京都で様々な場作りを仕掛けるクリエイターをゲスト講師に迎え、彼らが手がけた場作りの事例をレクチャーいただいた後、小山薫堂さんが手がけるプロジェクト「オレンジ・ブレイナリー」での参加者によるグループディスカッションを実施し、新京都館のあるべき姿をリアルなユーザーと模索してまいります。

■日時 9月29日(金)19:00~
18:30 受付開始
19:00 開会の挨拶(登壇者の紹介)
19:05 「みんなの京都館」プロジェクト紹介
*ビデオメッセージ(小山薫堂)
19:20 登壇者実例のご紹介
19:35 グループワーク
20:15 アイデア発表
20:50 総評
21:10 質疑応答・実例紹介(アイデアのヒント)
21:25 終了の挨拶
21:30 終了

■参加費:1500円(※京都に関するお菓子・飲み物付)
■申し込み方法
以下よりお申込みください
http://ptix.co/2vVDxck

このセミナーに申し込む

東京・渋谷の街から考える エンターテインメント×地方創生

日 程 6月28(水)16:30 ~ 19:00(シンポジウム・無料)、 19:30 ~ 20:30(懇親会・有料)
場 所 SHIBUYA CAST. SPACE
講 師 佐藤雅樹、村多正俊、左京泰明、太下義之、高橋俊宏
金 額 \3,500

YAMAHA × PONYCANYON エンターテインメントとシビックプライドの新しい関係」

エンターテインメント・音楽業界を牽引し、地域活性の領域で先進的な取り組みを続けるヤマハとポニーキャニオン。当協会会員企業である両社が共催するかたちで、継続的なシビックプライド醸成につながる仕掛けづくりのヒントを探るセミナーを開催します。ヤマハは渋谷を舞台に、音楽がもつ「人と人をつなげる力」を使った街づくりの取り組み「渋谷ズンチャカ!」を2013年から開催しています。一方ポニーキャニオンは、佐賀県のシビックプライド醸成アニメ『ただいま』など、映像をはじめエンターテインメト・コンテンツの制作・宣伝力を生かして地域の魅力を立体的にPRしてきました。先進的な取り組みを続けてきた両社の事例から見える、エンターテインメントとシビックプライドの新しい関係とは?
イベントには渋谷区長の長谷部健さんも登壇予定です。

<登壇予定者プロフィール>
佐藤雅樹(写真上)/ヤマハミュージックジャパン おとまちプロデューサー
2009
年、新規事業の一環で「音楽の街づくりプロジェクト(おとまち)」を立ち上げた。地域の活性化、価値向上に取り組む企業や自治体に対してのコンサルティングを展開している。

村多正俊(写真下)/ポニーキャニオン エリアアライアンス部 部長 / 地域共業ワーキング・チーム 座長
1966年生まれ。新卒でポニーキャニオンに入社。新規事業として地域共業事業の事業化に成功。古唐津のコレクターとしての顔も持つ

左京泰明/シブヤ大学学長
2006
年、シブヤ大学を設立。街全体をキャンパスに見立て市民が互いに教え学びあうというシブヤ大学のモデルは新しい生涯学習や地域づくりの施策として全国に拡がっている

太下義之/三菱UFJリサーチ&コンサルティング 芸術・文化政策センター長
日展理事、静岡県舞台芸術センター評議員、大阪府2025年万博基本構想検討会議委員、沖縄文化活性化・創造発信支援事業評議員、鶴岡市食文化創造都市アドバイザー等、文化政策関連の委員を多数兼務

YAMAHA × PONYCANYON エンターテインメントとシビックプライドの新しい関係」
■開催日628(水)
■時間16:30  19:00(シンポジウム)、19:30  20:30(懇親会)
■会場SHIBUYA CAST. SPACE 
■住所:東京都渋谷区渋谷1-23-21 

■料金:無料(懇親会は3240円)
■申込方法Web サイトにて必要事項を記入の上、申し込み
https://eventregist.com/e/yamaha_ponycanyon
 

 

このセミナーに申し込む

【開催終了】地域ブランディング協会主催2017年3月度セミナー

日 程 2017年3月23日(木)
場 所 日本橋とやま館
講 師 立川裕大、能作克治
金 額 \3,500

~クリエーターズトーク vol.5~
「ものづくりの新しい魅せ方、最前線」 

===========本イベントは終了しました==========
富山県高岡市の鋳物メーカー「能作」の新ファクトリーが今年4月にオープンします。新工場のコンセプトは「産業観光」。年間2万人の工場見学の受け入れを目指し、カフェ、工房、ファクトリーショップなどが併設されます。
 そのオープン記念に、社長の能作克治氏と、能作氏と長年タッグを組み、ブランディングディレクションを手掛けてきた当協会顧問でt.c.k.w代表の立川裕大氏がトークイベントに登壇。どこよりも早く全貌が語られます。
 プロダクトを通じて富山を盛り上げてきた二人は、職人の手仕事の現場をめぐる「高岡クラフツーリズモ」が注目を集めるいま、地場産業の魅力についてどう考えるのか?〝モノ〞としてだけの価値にとどまらないものづくりの魅力を発見できる内容とにご期待ください。


■イベント名称
日本橋とやま館×地域ブランディング協会 
 ~クリエーターズトーク vol.5~
「ものづくりの新しい魅せ方、最前線」

■開催日 2017年3月23日(木) 
■時間 19:30~21:00(19:00 開場)
■会場  日本橋とやま館 
■住所 中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1階
■交通アクセス http://toyamakan.jp
最寄り:銀座線・半蔵門線「三越前」駅、銀座・東西線「日本橋」駅
■会費 一般1500円、会員1000円(富山の日本酒付き)※メルマガ会員には会員価格は適用されません 
■定員 30名(先着順)
■内容 ①講演 (60分)②質疑応答・懇談会(30分)
■申し込み方法 info@laba.or.jp宛に氏名、所属、メールアドレスをお知らせください

このセミナーに申し込む

【開催終了】現代美術家・会田誠 × 神戸マダムキキCHOCONIP販売記念イベント

日 程 2017年2月10日(金)
場 所 PACE ITALIAN LOUNGE (パーチェイタリアンラウンジ)
講 師 会田誠、徳本賀世子
金 額 \3,500

〜現代美術の風雲児・会田誠氏を囲んだトークショーを開催!〜
===========本イベントは終了しました==========
『Discover Japan』との共同イベントとして、地域ブランディング協会初となる、アーティストを招いたトークショーを開催いたします。
国内外で幅広く活躍し、現代アート界の第一人者として知られるアーティスト・会田誠氏と、神戸北野に拠点を置く「マダムキキのお店」の徳本賀世子氏とのコラボレーション商品『2017年新作バレンタインチョコ会田誠×MmeKIKI「CHOCONIP』の完成を記念し、東京・麻布十番にあるイタリアンレストランにて、トークイベントを行います。
トークショーには、「CHOCONIP」を生み出した会田誠氏をはじめ、ディレクターを務めた緑川雄太郎氏、作品奉納行事の際、コーディネーターを務めた当協会理事兼高野山別格本山三宝院副住職である飛鷹全法氏に登壇いただき、「寺院×アーティストの未来について」お話ししていただきます!「CHOCONIP」は、2016年11月1日、弘法大師の母ゆかりの地、和歌山県九度山にある慈尊院と高野山三宝院にて奉納が行われた作品です。その模様は2月5日発売号の『Discover Japan』にて紹介しております。

<タイムスケジュール> 
19:00  開場
19:30  マダムキキのお店代表・徳本賀世子氏より挨拶
19:35  トークショースタート
    (会田誠氏 × 緑川雄太郎氏 × 飛鷹全法氏)
20:20  トークショー終了(20:45 イベント終了)

<ゲストプロフィール>
会田誠(あいだ・まこと)
東京藝術大学大学院美術研究科修了。ミズマアートギャラリーで個展を中心に国内外の展覧会に多数参加。近年は、個展「天才でごめんなさい」(森美術館、東京、2012年)や、エッセイ集「美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか」(幻冬舎、2012年)をはじめ、絵画のみならず、写真、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画、都市計画を手掛けるなど表現領域は多岐にわたる。

マダムキキのお店
2009年、マダムキキのお店を兵庫県神戸市にオープン。アートとスイーツをテーマに商品開発やイベント、ケータリングを行う。2011年、兵庫県神戸市内に移転。設計・アートディレクションを現代美術家の名和晃平氏率いるSANDWICHが手掛けるリノベーション第1号店。2014年に元町へ移店。再び名和晃平氏率いるSANDWICH監修のもとチョコレート工場として復活し、店頭販売をスタートする。

===事前予約&申し込みはこちらから===
https://customform.jp/form/input/laba

「現代美術家・会田誠×神戸マダムキキ「CHOCONIP」販売記念イベント」
■開催日 2017年2月10日(金) 
     19:30~20:45 (開場19:00~)
■募集 限定70名
■会場 PACE ITALIAN LOUNGE (パーチェイタリアンラウンジ)
■住所 東京都港区南麻布1-5-4 フレッグ南麻布 B1F~1F
    東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番駅」1番出口から徒歩5分。
    http://pace-azabu.com
■会費 2,000円(税込・一般)/1,500円(税込・地域ブランディング協会有料会員)
*会場では会田誠氏サイン入り「CHOCONIP」を販売いたします
(上記URLからも予約販売しております)

■問い合わせ 地域ブランディング協会 info@laba.or.jp

主催:地域ブランディング協会 Discover Japan
協力・企画:「マダムキキのお店」代表 徳本賀世子、ミズマアートギャラリー、YODOYA、緑川雄太郎、地域ブランディング協会事務局 木村真悠子

このセミナーに申し込む

【開催終了】地域ブランディング協会主催2017年1月度セミナー

日 程 2017年1月16日(月)
場 所 日本橋とやま館
講 師 広谷純弘
金 額 \3,500

~クリエーターズトーク vol.3~
「富山の自然と向き合う、建築とデザイン」 
===========本イベントは終了しました==========
毎月月中頃、「日本橋とやま館」で開催される〝クリエイターズトーク〞シリーズ。1月16日(月)に開催される第3弾の講師は、建築家の広谷純弘(ひろたによしひろ)氏をお迎えします。建築家としてグッドデザイン賞ほか多くの賞を獲得してきた広谷氏は、15年以上も前から建築デザインによって地域活性とブランディングを行ってきた先駆者でもあります。
 中部山岳国立公園や有峰県立自然公園などを有し、面積の90%以上を森林が占める、富山県富山市大山地区。広谷氏は、その緑豊か
な風土に合わせ、福沢地区、小見地区、大庄地区にコミュニティセンターを設計・建築し、人々の交流を生み出してきました。富山各地での広谷氏の活躍には、どんな背景があるのでしょうか?
 近年、「LIVING ART in OHYAMA 」の開催地としても注目を集めている同地だが、広谷氏がこれまで手掛けてきた県内の事例をひも解きながら、建築で行う地域のブランディングについて考えます。
 地域づくりや地場産業に、積極的にデザインの力を取り入れている富山。その秘密をクリエイターズトークで学んでみては?

■イベント名称
日本橋とやま館×地域ブランディング協会 
 ~クリエーターズトーク vol.3~
「富山の自然と向き合う、建築とデザイン」

■開催日 2017年1月16日(月) 
■時間 19:30~21:00(19:00 開場)
■会場  日本橋とやま館 
■住所 中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1階
■交通アクセス http://toyamakan.jp
最寄り:銀座線・半蔵門線「三越前」駅、銀座・東西線「日本橋」駅
■会費 一般1500円、会員1000円(富山の日本酒付き)※メルマガ会員には会員価格は適用されません 
■定員 30名(先着順)
■内容 ①講演 (60分)②質疑応答・懇談会(30分)
■申し込み方法 info@laba.or.jp宛に氏名、所属、メールアドレスをお知らせください

このセミナーに申し込む

メルマガ会員または、一般、法人・団体会員の方でないとお申し込み・ご参加いただけません。
ぜひ、この機会に地域ブランディング協会会員にご登録ください。(>会員について

会員登録はこちらから